header_price.png

入所:ユニット型(個室)

介護保険給付対象サービス及び食費、居住費

平成29年4月1日現在の基本料金表(概算)です。

要介護1 段 階 介護サービス費 食 費 居室料 一日あたり 31日
第1段階 708円
介護職員処遇改善加算Ⅰ
地域区分5級地 含む
300円 820円 1,828円 56,648円
第2段階 390円 820円 1,918円 59,438円
第3段階 650円 1,310円 2,668円 82,688円
第4段階 1,380円 1,970円 4,058円 125,778円
2割負担 1,415円 1,380円 1,970円 4,765円 147,705円
要介護2 段 階 介護サービス費 食 費 居室料 一日あたり 31日
第1段階 782円
介護職員処遇改善加算Ⅰ
地域区分5級地 含む
300円 820円 1,902円 58,963円
第2段階 390円 820円 1,992円 61,753円
第3段階 650円 1,310円 2,742円 85,003円
第4段階 1,380円 1,970円 4,132円 128,093円
2割負担 1,564円 1,380円 1,970円 4,914円 152,336円
要介護3 段 階 介護サービス費 食 費 居室料 一日あたり 31日
第1段階 863円
介護職員処遇改善加算Ⅰ
地域区分5級地 含む
300円 820円 1,983円 61,455円
第2段階 390円 820円 2,073円 64,245円
第3段階 650円 1,310円 2,823円 87,495円
第4段階 1,380円 1,970円 4,213円 130,585円
2割負担 1,725円 1,380円 1,970円 5,075円 157,319円
要介護4 段 階 介護サービス費 食 費 居室料 一日あたり 31日
第1段階 938円
介護職員処遇改善加算Ⅰ
地域区分5級地 含む
300円 820円 2,058円 63,769円
第2段階 390円 820円 2,148円 66,559円
第3段階 650円 1,310円 2,898円 89,809円
第4段階 1,380円 1,970円 4,288円 132,899円
2割負担 1,875円 1,380円 1,970円 5,225円 161,948円
要介護5 段 階 介護サービス費 食 費 居室料 一日あたり 31日
第1段階 1,012円
介護職員処遇改善加算Ⅰ
地域区分5級地 含む
300円 820円 2,132円 66,085円
第2段階 390円 820円 2,222円 68,875円
第3段階 650円 1,310円 2,972円 92,125円
第4段階 1,380円 1,970円 4,362円 135,215円
2割負担 2,023円 1,380円 1,970円 5,373円 166,580円

介護保険給付対象サービス加算

平成29年4月1日現在の概算です。利用日数により若干の増減があります。

加算項目 単位数 利用料 備 考
1割負担 2割負担
福祉施設初期加算 30単位 34円/一日 67円/一日 下部※1 参照
福祉施設日常生活
継続支援加算☆
46単位 53円/一日 105円/一日 下部※2 参照
☆はどちらかのみ算定
福祉施設サービス
提供体制加算☆
6単位 7円/一日 13円/一日 下部※3 参照
☆はどちらかのみ算定
福祉施設栄養
マネジメント加算
14単位 16円/一日 32円/一日 管理栄養士による栄養マネジメントの実施
福祉施設
療養食加算
18単位 20円/一日
(対象者のみ)
40円/一日
(対象者のみ)
療養食を提供した場合
福祉施設看護
体制加算Ⅰ1
6単位 7円/一日 13円/一日 常勤の看護師を1名以上配置している場合
福祉施設若年性
認知症受入加算
120単位 136円/一日(対象者のみ) 272円/一日
(対象者のみ)
若年性認知症者に対し、個別担当者を定め、サービス提供を行った場合
福祉施設認知症
緊急対応加算
200単位 227円/一日
(対象者のみ)
454円/一日
(対象者のみ)
認知症の症状が認められ、在宅生活困難と医師が判断し、緊急に入所した場合(7日間のみ)
福祉施設
経口移行加算
28単位 32円/一日
(対象者のみ)
63円/一日
(対象者のみ)
経管摂取から経口摂取への移行を進めるために、医師の指示に基づく栄養管理を行なう場合
福祉施設
経口維持加算Ⅰ
400単位 453円/一月
(対象者のみ)
905円/一月
(対象者のみ)
下部※4 参照
福祉施設
経口維持加算Ⅱ
100単位 113円/一月
(対象者のみ)
226円/一月
(対象者のみ)
下部※5 参照
福祉施設
外泊時費用
246単位 278円/一日
+居住費
556円/一日
+居住費
7.利用料金のお支払方法の(8)参照
福祉施設退所前後
訪問相談援助加算
460単位 521円/一回 1,041円/一回 退所前後に相談援助を実施した場合
福祉施設退所時
相談援助加算
400単位 453円/一回 905円/一回 退所時に相談援助を実施した場合
退所前連携加算 500単位 567円/一回 1,133円/一回 退所前に他の事業所等との連携を行った場合

【第1~4段階について】
各世帯の所得に応じて、食費・居住費が減額されます。各市区町村の介護保険担当窓口にて「介護保険負担限度額認定証」の申請を行い、審査が通り、証書が発行され、施設に提示することが必要です。

【2割負担について】
平成27年8月1日から、一定以上の所得がある方は、介護サービス費、加算分の料金がこれまでの1割負担→2割負担になります。
割合確認の為、市区町村より送付される「介護保険負担割合証」の提示が必要です。

【介護職員処遇改善加算について】
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) サービス単位数に0.083乗じる。

【地域区分について】
地域区分5級地  1単位 → 10.45円 利用負担額はうち1~2割。

【福祉施設初期加算について】※1
入所後、又は1ヶ月以上の入院後、退院し、再入所した日から30日間のみ

【福祉施設日常生活継続支援加算について】※2
「入所者6名に対し、常勤換算で1名に介護福祉士を配置」かつ
「算定前6ヶ月または12ヶ月の新規入所者の内、下記いずれかの要件を満たす」
(1)要介護度4・5の割合70%以上
(2)認知症高齢者の日常生活自立度Ⅲa以上の割合65%以上
(3)たんの吸引等が必要な入所者の割合が15%以上

【福祉施設サービス提供体制加算Ⅱについて】※3
看護・介護職員の総数の内、常勤職員の割合が75%以上の場合

【福祉施設サービス提供体制加算Ⅲについて】※3
常勤換算で勤続年数3年以上の職員を30%以上配置した場合

【経口維持加算Ⅰについて】※4
摂食機能障害や誤嚥を有する方に対し、医師又は歯科医師の指示に基づき、専門職が共同して会議を行い、栄養管理を実施した場合。

【経口維持加算Ⅱについて】※5
経口維持加算Ⅰを算定しており、協力歯科医院を定め、歯科医、歯科衛生士等が会議に加わった場合。